朝日新聞/79年ぶり日章旗介して再会、米国から茨城の遺族に(Japanese newspaper featured successful flag return)
2020-12-31
深谷健児さんの墓前で日章旗を広...

深谷健児さんの墓前で日章旗を広げる英美さん(右)、克己さん夫妻=茨城県桜川市大国玉

79年ぶり日章旗介して再会、米国から茨城の遺族に
2020/12/31 10:30朝日新聞デジタル

「祝武運長久」「体当たり」……。旗の白地にこんな文字がびっしりつづられている。南洋で戦死した茨城県桜川市出身の深谷健児さんが戦地に残した日章旗が今月、米国の民間団体から親類の深谷英美(えみ)さん(54)=同市=に手渡された。健児さんの弟が持たせた旗とわかり、英美さんから93歳の弟に送られた。79年ぶりに兄弟は、弟の入院先の病室でつかの間の再会を果たした。

深谷家の本家を継ぐ英美さんの家には、健児さんの位牌(いはい)があり、近所には健児さんの墓石もある。健児さんは、英美さんの父親のいとこにあたる。健児さんのものと思われる日章旗が米国にあると、英美さんに連絡があったのは今年10月。英美さんは、すぐに住職で健児さんの弟の深谷彦晃(げんこう)さん=滋賀県湖南市=に電話した。入院中の彦晃さんに娘たちが、コロナ禍で限られた面会時間で伝えた。彦晃さんはベッドで上半身を起こし、「そうか。ありがたいな」と涙ぐんだという。

彦晃さんによると、兄の健児さんは1941年に出征し、水戸の歩兵第二連隊に入隊。旧満州を経て南洋パラオ・ペリリュー島で24歳で戦死した。日章旗は、出征前、健児さんのために彦晃さんが持たせたものだという。彦晃さんの氏名と「貫け生死一処の大精神」の書き込みもある。

日章旗の返還活動をする米国の市民団体「OBONソサエティ」が、元米兵の遺族から託され、日本側の団体を通して英美さんを探し当てた。

日章旗は、タテ70センチ、ヨコ98センチほど。茶褐色に変色しているが、寄せ書きの氏名や文言は読み取れる。英美さんは、「破れないでよく残ってくれていた。(彦晃さんと)兄弟で再会させてあげたい」と日章旗を折りたたんで封筒に入れ、滋賀に送り、コロナ禍で短時間だけ許された面会の際に、家族が彦晃さんの病室に持参したという。
日章旗は今、彦晃さんが住職を務める寺で、兄弟水入らずの時を待っている。
     ◇
OBONソサエティ(米・オレゴン州)によると、深谷健児さんの日章旗は、1944〜45年、グアム島に派遣された元米国海兵隊員、故ケネス・カービィさんが持ち帰った戦利品の一つだという。遺族が保管し、同会に連絡があった。
日章旗に書かれた内容から、日本遺族会などの協力で、健児さんのものだとわかった。ケネスさんの遺族によると、ケネスさんは戦地で日本兵捕虜と関わりがあり、日本軍兵舎を見つけた思い出などを話していたが、日章旗を持ち帰った経緯は不明だという。

同会は活動を始めて11年間で、日章旗約380旗を日本側遺族の元に返還し、調査を待つ旗も1200以上あるという。同会共同代表のジーク敬子さん(53)は、京都出身。ビルマ(現ミャンマー)で戦死した祖父が戦地に携えた寄せ書きされた日の丸が、07年にカナダから返還された。母親が「長い年月をかけて家族に会いたいために帰ってきはったんやわぁ」と涙ながらに話したのが、この活動のきっかけとなった。

09年、歴史家のレックスさん(67)と結婚し、ともに活動を始めた。団体名は、先祖の霊が戻るお盆からとった。戦時中、敵軍の旗である日章旗は戦利品の中で最も人気があったという。日本兵の多くが身に付けていたため、多くの日章旗が米国内などに残されている。

敬子さんは「連合軍兵士たちは日の丸に何が書かれているのか理解していなかった。日章旗を返すことで、過去の歴史と心のわだかまりに終止符をうちたい。敵国として戦った者同士が、一枚の旗を通して、相手を思いやり、平和や友好を分かち合ってほしい」と話している。

https://www.asahi.com/articles/ASNDZ6WWPNDMUJHB00K.html


Back