中日新聞/日章旗、軍隊手帳が遺族らの手に 旧日本兵3人の遺品返還(Japanese newspaper featured successful flags and a book return)
2021-02-10
辻さんの軍隊手帳を受け取った善...

辻さんの軍隊手帳を受け取った善明さん(中)山田さんの日章旗を受け取った明宏さん(右)ら=県公館で

日章旗、軍隊手帳が遺族らの手に 旧日本兵3人の遺品返還
2021年2月10日 05時00分


太平洋戦争で県内から出征して亡くなった旧日本兵三人の遺品が九日、県公館で三人の遺族らに返還された。遺品は戦勝国の兵士らが母国に持ち帰ったとみられ、終戦から七十六年ぶりに遺族らの手に戻った。

返還されたのは、現在の米原市から出征した岡田勘平さんと、東近江市の山田芳蔵さんの日章旗、甲賀市の辻英次さんの軍隊手帳。いずれも、遺族へ返還する活動を続ける米国の団体「OBON SOCIETY」の依頼で、県遺族会が遺族を捜した。
 
返還式では山田さんの兄の孫、明宏さん(61)、辻さんの兄の孫、善明さん(56)に、三日月大造知事が遺品を手渡した。岡田さんの娘、信子さんは高齢のため欠席し、米原市遺族会が代理で受け取った。
 
山田さんの兄は二〇〇四年に亡くなったといい、明宏さんは「祖父が生きていれば、どれだけ喜んだことか。遺品が故郷に帰れたことを喜んでいると思う」と謝辞を述べた。
 
祖父も戦死したという善明さんは「先祖の苦労があって、今日私たちがいることを実感した」と話した。県遺族会相談役の国松善次元知事(82)は「遺品は無音の語り部。戦争の悲惨さ、平和の尊さ、友好の大切さを力強く語っている」と語った。


Back