FRIDAY誌(デジタル版)に共同代表インタビュー記事掲載/Japanese magazine featured about OBON SOCIETY.REX and KEIKO's interview
2021-08-14
FRIDAY誌(デジタル版)に...

戦地に散った日本兵の遺品を「戦利品」として持ち帰った米兵が今、返還を願っている

2021年08月14日

戦後76年。戦時にアメリカ人の手に渡った「日の丸」を、日本に返還している人たちがいる。

第二次世界大戦のとき、日本兵は、家族らの寄せ書きが入った日の丸の旗を持って戦地に向かった。旗には、出征する兵士の名前とともに「武運長久」ー戦闘での幸運の願いや、無事を祈る家族、友人の名前が書きこまれていた。

兵士は、折りたたんだ旗を胸ポケットに入れお守りにして、激烈な戦地に赴いたという。旗には「思い」がこめられていた。

ーーー続きはリンク先で読んで頂きたく思いますーーーーー

https://friday.kodansha.co.jp/article/198913?fbclid=IwAR21QWCk4J5ztta0Xys8vInKEoeL0IY-GWi2GQeIcY9vNUq6gYpYus-IgU0

(OBONソサエティ https://obonsociety.org/jpn/)


預かった大量の日の丸「これを還していくことが私たちの使命」と話すレックス夫妻
取材・文:和久井香菜子


Back