What's New
2020-11-21
日章旗、米から相次ぎ帰国 太平洋戦争、出征兵の遺品 遺族会が返還事業 太平洋戦争の戦利品として米軍が持ち帰った日章旗が近年、日本の遺族に相次ぎ返還されている。戦地へ向かう兵士を思い、友人や身近な人が寄せ書きして贈った国旗で、昨年度は全国で86枚、戦後75年の本年度は10月末までに40枚が届けられた。一方、米国内には戻すべき相手が見つかっていない旗が今なお多く、保管主が関係者を探す動きも出ている。(...
2020-11-13
フィリピンで戦死、父の「日章旗」75年経て娘の手元に 1944年4月に出征し、フィリピン・ルソン島で戦死した陸軍大尉の山口則敦さん=当時(34)=が持っていたとみられる日章旗が、75年の時を経て遺族の元へ帰ってきた。受け取った娘の小石則子さん(84)=兵庫県宝塚市=は「思いがけないことでびっくり仰天。父が帰りたいと願ったのだろうか」と話す。(中川 恵) 小石さんは神戸市須磨区で父則敦さんと母清子さ...
2020-10-30
フィリピンで戦死、形見の日章旗が遺族の元へ 「思いやりに感謝」 太平洋戦争の激戦地フィリピンで1944年秋に戦死した兵庫県姫路市出身の岡本朝夫さんが、出征時に贈られたとみられる日章旗が75年以上の時を経て遺族の元に届けられた。米軍が戦利品として持ち帰ったが、日本兵の遺品の返還を進める米国の団体が仲介して帰郷が実現した。おいの岡本明さん(64)=同市=は「多くの人の思いやりと努力で遺品が戻ってきてあ...
2020-10-28
津 マスク姿で戦没者追悼 規模縮小で式典 日章旗、遺族に返還 三重 ©株式会社伊勢新聞社 https://this.kiji.is/693630571213341793?c=62479058578587648 【津】津市戦没者戦災犠牲者追悼式が26日、三重県津市安濃町東観音寺のサンヒルズ安濃であった。新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、参列者を例年の4分の1以下に縮小。遺族会の代表ら約70人...
2020-10-21
2020年10月20日:NHKニュースウォッチ9でOBONソサエティの活動について報道されました。関連リンク先は下記となります。 https://youtu.be/uL9PTxCjXi8...
2020-10-17
Trophies of war heading home: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/ataglance/1187/ Meet the people sending battlefield trophies home after 75 years.
2020-10-09
Bringing Closure, One Flag at a Time https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20201008202516214/ A Japanese woman and her American husband are returning long-lost relics of Japanese soldiers who...
2020-10-08
2020年10月6日付:中日新聞にて https://www.chunichi.co.jp/article/132602 寄せ書き日章旗、遺族の元に揖斐川町の戦没者追悼式で 太平洋戦争で戦地に向かう日本兵に贈られた寄せ書き入りの日章旗が五日、揖斐川町の戦没者遺族に届けられた。 同町三輪の三輪神社であった戦没者追悼式典に合わせて返還され、関係者らが平和を守る思いを新たにした。 旗の持ち主は、同町三輪...
2020-09-23
"Returning relics to heal scars of war" They say time heals all wounds, but sometimes the healing can take decades. Seventy-five years after the end of World War Two, some people are still working to ...
2020-09-04
Episode 16- September 1 Erica Karmeisool: Generational trauma, passed down through a veteran family, is exposed when a granddaughter returns her grandfather’s war trophy. https://www.youtube.com/watch...